calendar  2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

しろっくまオンライン

ここはラグナロクオンラインのフェンリル鯖にて活動しているINT商人しろっくまの日常と中の人の平穏を日々綴っているブログです。 INT商人考察あります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西VS関東

友達が東京に遊びにいってたので、どんべえを買って帰ってきてと注文していたところ、今日は持って来てくれました。


何故、どんべえなのか。




実はどんべえには関東版と関西版があるのです。
(結構有名だろうけど)


どのように違うのか確かめてみたかったのです。


そんなわけで実際に比べてみました。




まずは外見。




一見かわらず






左が関西で右が関東ですが、一見してなにもわかりません。


細かいところをよく見てみると・・・

ちゃんとEとWの文字で分けられてます








わかりづらいですが、W(西)とE(東)と表記されています。
光の反射の関係で見づらいのはこれ以降の写真についてもご了承ください。




次に封をきってみます。
ここでひと目でわかる違いがでてきました。


袋の色がちがいます




粉末の袋の色が違います。
関西が赤で関東があお。私は関西人なので赤が見慣れてるので青はちょっと変な感じです。
とりあえず粉末をあけてどう違うか確かめてみましょう。




あきらかに関東のが黒い




光で見づらいのは承知ですが、やはり関東のほうが明らかに濃そうな色をしています。
見た目はこの辺にしておいて、いよいよお湯を入れての味の比較に移りたいと思います。
ここから先は私の味覚での検証した結果になります。
私はグルメとか舌が肥えているというわけでないので、変なことを書いているかもしれませんがその辺もご了承ください。

味を比べるにあたって、この3点を重要視してみたいと思います。
・麺
・すーぷ
・揚げ




麺についてですが、お湯をいれるまえに1割ほど削って関西、関東のとこにすこしずつ交換していれてみました。
これで麺の違いがわかるかとおもいきや。
混ぜてしまってはまったくわかりませんね。はい盲点でした・・・
でも違和感なくたべれたので麺の違いはあったとしてもほとんどないとおもいます。味オンチっていわないで。。




次に一番期待大のスープについてです。
まず関東のほうから。
関東のはまず見た目から濃そう。てか濃い。
すごいしょうゆ辛く感じます。無理やりな味付けの感すらあります。
関西人の私からしたらそう思うだけかもしれませんが・・
ちっとこの味には慣れないと思いました。


次に関西のほう
関東と比べるとすごく薄味。
そのためダシが引き立ってるようにも感じます。
関東はこの味がしょうゆで台無しな感。
食べなれているためか、関西のがすごく食べやすいです。






最後に揚げです。
きつねうどんっていったらこれがメインですよね。じゅーしーな揚げが。


関東のほうの揚げをまずたべてみる。
関東のは揚げがもうスープのしょうゆ辛さだけです。
味がしみているといえばそれまでですが。
はっきりいっておいしいとは思えませんでした。


関西のほうは、揚げ本来の味というか、揚げに甘みがあります。
関東のはしょうゆ辛さで、これが台無しになっているのです。
絶対関西のが揚げはおいしいと思います。




最後にスープの色を比べてみましょう。


関西のは底が見えてます




見ればわかるとおもいますが、関東のは黒い、黒い。
逆に関西のは底がみえてくるくらいです。


どれだけ味付けが濃いかこれをみてもわかりますね。
関西薄口関東濃い口が即席うどん一つでみてもこれくらいはっきりわかるのです。




いろいろ比較検証してみましたが、関西人な私の偏ったレビューなので関東の人が同じことをするとまた違った意見がでておもしろそうだなと思います。
ぜひ関東の方は試してみてください。

スポンサーサイト
comment
comment post

プロフィール

しろっくま

Author:しろっくま
魔法をこよなく愛するまーちゃんと
商売は2の次なのだっ

カレンダー

ブロとも申請フォーム

search in this blog

appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。